餅屋週報2020(01/06〜01/12)

01/06
●月曜日。晴れときどき曇り。
●休み明けだけど、お仕事関係に動きなし。夕方かかりつけのの歯科で、いつものクリーニング&点検をしてもらう。
●昨晩、楽しみにしていたNHKのアニメ「映像研には手を出すな!」がスタート。原作プラスアルファでわくわくする。アニメならではの気持ちよさ。

01/07
●火曜日。曇りのち雨。15時前に託児先の幼稚園にコドモを迎えに行く。
●実家でもらったリンゴと柚子を使い、1年ぶりに柚子リンゴを作る。

01/08
●水曜日。雨のち曇り。
●夕方かかりつけのクリニックへ。いつもの常備薬(主に胃腸向け)を処方してもらう。さらに、以前不眠用の漢方薬を試したけど、いまひとつ効かなかったので、今回はストレートに睡眠導入剤(軽めの)も処方してもらった。

01/09
●木曜日。晴れ。気温上がる。
●先月メルカリデビューして、そのときは落札だったんだけど、出品にもチャレンジ。2日で買い手がつき今日発送手続きをする。値段だけ見ると、Amazonマケプレやヤフオクの相場より高い場合もあったり、質の保証もゆるかったりするんだけど、この手軽さが支持されているんだろうなあ。

01/10
●金曜日。晴れ。
●4ヶ月ぶりにかかりつけの皮膚科へ。いつもの薬を処方してもらう。
●先月入稿したレコード・コレクターズ増刊『カントリー・ミュージック』の見本誌が届く。かつて6冊出ていた〈ディスク・セレクション・シリーズ〉を〈アルバム・セレクション・シリーズ〉と改め、デザインもマイナーチェンジした。前と合わせるとけっこう続いているシリーズ。この手のガイドは興味が向いたときにすぐ聞ける配信時代に向いてるんじゃないかな。

01/11
●土曜日。晴れ。
●「文化系のためのヒップホップ入門3」の刊行トークイベントを見に代官山の蔦屋書店へ。今回も新宿三丁目経由東横線直通で人混みを避ける。イベントは著者お二人の掛け合いが面白く、アメリカンカルチャーの事情には疎くても、なんとなくわかった気になる。K-POPを聞くようになってから、ヒップホップ〜R&Bのビートには慣れてきたけど、USのヒップホップは文脈がわからないので、まだちょっとハードルが高いかな。
●昨晩、新ドラマ「コタキ兄弟と四苦八苦」の初回を見る。 脚本:野木亜紀子、監督:山下敦弘というだけできっと面白いだろうなあと期待していたけれど、やっぱり面白かった。ゲストが市川実日子のせいかなんとなく木皿泉作品っぽい感じも。これまでとはまた違ったスタイルの脚本。

01/12
●日曜日。曇り一時小雨。
●昨晩お風呂から上がったら腰がじんわり痛くなり、一応湿布貼って寝たけれど起きてもまだ痛みかわらず。いつもと違うパターンのギックリ腰になってしまったよう。サポーターをつけ、部屋で引きこもる。ここ数日痛みの兆候はあったから、昨日出歩いたのがトリガーになったかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA