餅屋週報2020(03/30〜04/05)

03/30
●月曜日。曇ってひんやり。
●15時40分にかかりつけの歯科クリニックへ。定期検診とクリーニング。小さい虫歯が見つかったので治療の予約をする。
●戻ってからリットー新刊のカバーデザインの続きを進め、いったん校正用PDFを送信する。

03/31
●火曜日。曇り。
●新型コロナやオリンピック騒動のアレコレですっかり嫌気がさし、ここ数日海外移住のことを調べている。まあ年齢や家族のこともあるので現実的には難しいけれど、いざというときのための選択肢を持っておくのもいいかなとこれを機に思う。さしあたっては語学習得から考えてみようかな。

04/01
●水曜日。終日雨。新年度スタート。
●お仕事が待ち状態だったので、ポートフォリオの更新など。

04/02
●木曜日。久々に晴れ。風強し。
●15時にコドモのお迎えで西荻窪へ。電車も町も閑散としているけれど、マスク着用のひとが増えた感じ。
●戻ってアルテスのキャンペーンロゴの入稿作業。
●WordPressプラグインのアップデートが完了せずに止まってしまい、アクセスできない状態になって焦ったけれど、検索したらすぐに答え(「.maintenance」ファイルを手動で削除)が見つかり無事解決。

04/03
●金曜日。晴れ。
●コドモが通う小学校は5月まで休校延長になることに。始業式だけはやるとのこと。
●最近運動不足だったので、夕方西荻窪まで散歩。暖かくて汗ばむ。

04/04
●土曜日。晴れ。
●いつもの風呂掃除をしていて、ふと気がつけば五十肩の痛みがかなり和らいでいた。9ヶ月経ってようやく。
●夕方タウンセブンに買い物に行ったら、新型コロナの影響ですでに閉まっていて(土日は18時まで)、ルミネも臨時休館。西友だけはまだいつも通り。

04/05
●日曜日。曇り。また寒くなる。
●とくに出かけることもなくAfter Effectsを弄る一日。夜近所を散歩したら、ほとんど人が歩いていなかった。

餅屋週報2020(03/23〜03/29)

03/23
●月曜日。晴れときどき曇り。ひんやり。
●今月も「波瀾万丈」の素材が届いたのでカンプ作りをスタート。1ヶ月経つのは早い。
●アスクルに注文してから1週間でトイレットペーパーが届く。近所のスーパーでは箱ティッシュの在庫を結構見かけるようになってきたし、トイレットペーパーの流通もそろそろかな。

03/24
●火曜日。晴れ。寒くなる。
●引き続き「波瀾万丈」カンプ作りを黙々と。
●メルカリで買ったLOONA yyxyのEP「BEAUTY & THE BEAT」が届く。LOONA関連は良い曲が多くてどれも欲しくなるけど、シングルまでそろえようと思うときりがないので、シングルはYouTube、Spotifyで我慢して、EPとアルバムに絞ってコレクション中。

03/25
●水曜日。晴れ。コドモは修了式で一ヶ月ぶりに学校へ。
●「波瀾万丈」カンプを3案仕上げて送信。すぐに返事が来て入稿に至る。
●夜、散歩がてら近所のスーパーへ行ったところ、閉店前にもかかわらずレジに長蛇の列ができているのを見て、そういえばさっき東京都で外出自粛要請が出ていたことを思い出す。如実。

03/26
●木曜日。晴れて暖か。
●15時にコドモを迎えに行くため、久しぶりの外出。戻ってからリットー新刊のカバーデザインを再開する。

03/27
●金曜日。晴れのち曇り。生ぬるい。強風。
●CSで映画「フロリダ・プロジェクト」を観る。ドキュメンタリータッチの作品で、映像はきれいなんだけど、登場する子どもたちが不幸な目に遭うじゃないかと気になってしまいハラハラ。「誰も知らない」もそんな感じだったけど、自分に同じ年格好のコドモがいるせいか、なおさら敏感になっているのかも。

03/28
●土曜日。曇りのち雨。
●外出自粛要請があってもなくても、いつものように引きこもり。お仕事貯金をぼちぼちと進める。

03/29
●日曜日。まさかの積雪。気温も昨日から20度下がる。
●いつもの風呂掃除を済ませてから、近所のスーパーへ買い出しに。天候のせいか空いていて、一時の買い占めも起きてなさそう。

餅屋週報2020(03/16〜03/22)

03/16
●月曜日。晴れ。強風で寒くなる。
●リットー新刊のカバーカンプを3案仕上げて送信する。

03/17
●火曜日。晴れ。
●リットー新刊カバーカンプの候補が決まり、修正をやりとりする。その後はアルテスノベルティの準備作業を。

03/18
●水曜日。晴れ。お仕事は待ち状態。
●NHK、ETVの同時&見逃し配信サービス「NHKプラス」を登録する。過去1週間ほとんどの番組を見られるのは結構便利だけど、手続き(受信料を払っている世帯であることを確認してからアカウントが郵送される)が煩雑すぎるので、あまり広まらないんじゃないかなあ。

03/19
●木曜日。晴れ。夜から小雨。気温上がる。
●CSで映画「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」を観る。漠然とアドベンチャー映画かなと思って見はじめたら、青春映画だった。普段どんよりとしたサスペンスやホラーばかり観ているので新鮮。

03/20
●金曜日。晴れ。春分の日でお休み。
●今月末で賃貸マンションの更新のはずなのに、まだ契約書が届かないので問い合わせたら忘れてたとの返答。かれこれ16年住んでいるのですっかりゆるゆる。

03/21
●土曜日。晴れて暖かくなる。

03/22
●日曜日。晴れて暖か。善福寺川の桜も結構咲いていた。
●実家からもらったままになっていた高級牛肉ですき焼き(関西風)を作る。当たり前だけど高い肉は美味しい。そしてすき焼きのレシピがとても簡単だということも知る。

餅屋週報2020(03/09〜03/15)

03/09
●月曜日。晴れ。
●リットー新刊のカバー素材が届いたので、下準備をぼちぼちと進める。

03/10
●火曜日。終日雨。引き続きリットー新刊のカバーカンプ作り。
●先月末に立て続けに入稿した、「ポール・マッカートニー作曲術」(ヤマハ)とアルバムガイドシリーズの第二弾「ジャパニーズロック80’s」(ミュージックマガジン)の見本誌が同時に届く。後者は80年代と謳いつつ1983〜1993年で括っているので個人的には90年代の空気。シティポップ再評価のようにナシがアリになるかどうか。

03/11
●水曜日。晴れ一時小雨。
●今日で東日本大震災から9年。今年は新型コロナの影響か報道もやや少なめな印象。確かに、現在の状況は9年前と似ているけれど、放射能と電力問題がない分閉塞感はないし、そもそも20年以上前からほぼ引きこもりテレワーク&不安定なフリーランスなので、そのへんの焦りもほとんどない。でも、世界の状況をみると、この先2〜3年は不況になりそうで怖い。

03/12
●木曜日。晴れ。
●引き続きリットー新刊のカバーカンプ作り。2案目に着手。

03/13
●金曜日。晴れ。
●今日もリットー新刊のカバーカンプ作りを黙々と。
●ウチの近所でもトイレットペーパー、ティッシュ、ハンドソープ、アルコール不足が続いていて、並んで買うことも覚悟していたけれど、ここ最近通販サイトで在庫が戻ってきている様子だったので、何度かチェックしていたらタイミング良く購入できた。それでもマスクとアルコールだけはまだ出回ってないので、入手はもう少しかかりそう。

03/14
●土曜日。昨晩から気温が下がり続け、雨から雪に。積雪はなし。
●Adobe CCの期限が1ヶ月先に迫り、Adobeからの催促メッセージ(更新しろ/クレジットカード情報入力しろ)が突然出て来るのが心臓に悪い。何かこちらに不手際があったのかと思ってしまう。

03/15
●日曜日。晴れ。
●1月クールで唯一見ている「コタキ兄弟と四苦八苦」。最終章に入り、これまでのエピソードがつながり始めてきた。最初、野木亜紀子脚本にしては、ほのぼのしてるなあと思っていたけれど、実は巧妙に考えられていたことがわかる。ドラマ自体はあまり話題になってないようなので、放送後に注目されるクドカンパターンになるかな。

餅屋週報2020(03/02〜03/08)

03/02
●月曜日。雨ときどき曇り。
●リットー新刊の下準備をぼちぼちと進める。

03/03
●火曜日。晴れ。夜に小雨。
●いつまで待ってもLOONAの新譜(旧譜の大半も)が配信される気配がないので、メルカリで「#」の中古CD(トレカなし)を購入する。K-POPはトレカなどのコレクション目的で複数買いする人が多く、本体がよく出品されるので、トレカに興味ない自分としてはありがたい。

03/04
●水曜日。雨ときどき曇り。
●いつものところで久しぶりの散髪をし、戻ってAfter Effectsと格闘。はじめてカメラレイヤーを使う。

03/05
●木曜日。雨のち晴れ。
●引き続きAfter Effectsを弄る一日。カメラ機能が少しわかってきた。

03/06
●金曜日。晴れ。お仕事は待ち状態でぼんやり。

03/07
●土曜日。曇りのち雨。
●先週からちょこちょこと作っていた動画の仕上げ作業でBGMを編集する。

03/08
●日曜日。雨のち曇り。
●After Effectsで作っていた新作動画を描き出してSNSにアップする。「映像研には手を出すな!」のファンアートで、アニメ放送が始まった最初の頃から、こんな感じのを作ってみようかなあと頭の中で構想していて、お仕事が一段落した先月末から少しずつ作っていた。元ネタはあれど、クライアントなしでイチから作品を作ることに慣れていない(作品という言葉を使うことにも気恥ずかしさがある)ので、どこまで考えればいいのか迷いつつ、結局は自分の思うようにすればいいという境地に至るまで結構時間がかかった。
●あと必要に迫られないと、技術はマスターできないこともわかった。チュートリアルだけでは身につかない。