餅屋年報2018

ついにAdobe Creative Cloud導入
●ちょっと前までCS2環境が必要だったため、仕事用MacのOSはLeopardで止めていたんだけど、モリサワパスポートをはじめ関連アプリの対応が終了してしまい支障が出てきてしまったため、意を決してお仕事環境を一新する。Mac miniの内蔵HDDをSSDに交換し、念のためCS6が動くYosemiteをインストール。今のところ問題ないけど、Yosemiteでもそろそろ古くなりそうな気配。
●そしてずっと敬遠してきたAdobe Creative Cloudを契約。メモリー16GB&SSDなので、CC環境はかなり快適。Adobe Fonts(Typekit)も便利だし、もっと早く移行すれば良かったな。

After Effectsの勉強をはじめる
●せっかくCCを導入したので、前から興味のあったAfter Effectsをインストール。20年以上グラフィックデザインの仕事をしていても動画関係は縁がなかったし、どこから手をつけていいのかわからなかったので、初心者向け解説書を購入してコツコツと3ヶ月。まだわからない部分も多いけれど、大体のやり方はわかってきた(意外とMacの処理能力が必要なこともわかった)。習作としてFFFで2つの動画を作った。
●過去にWEBデザインや電子書籍など、本職以外のジャンルをマスターしようとしてきたことはあったけど、After Effects(特にモーショングラフィックス)はグラフィックデザインの感覚と近くて、勉強が苦にならない。しっくりくる感じ。制作工程はどうであろうと最終的に動画ファイルに書き出せればOKというのも、性に合っている。

もうすぐ50歳
●30歳、40歳の時はあまり意識しなかったけど、50歳になることついては去年あたりからずっと考えている。いまのお仕事はできる限り続けたいとは思ってるけれど、商業デザインは依頼ありきでどうしても受け身にならざるを得ないので、なにか別のアウトプットを出来ないかと模索中。このまま流れに任せているだけではかなりヤバいぞという予感。これが(10年遅れでやってきた)「40歳の壁」なのか。
●なぜか最近しがらみやこだわりや執着がなくなってきた。やりたいようにやらないと時間がもったいないと思い始めたのも、50歳を前にして終わりが見えてきたからかもしれない。

では2019年もよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA