餅屋週報2020(10/05〜10/11)

10/05
●月曜日。晴れときどき曇り。昨晩からなぜか太ももが筋肉痛。昨日硬いイスにしばらく座っていたせいだろうか。
●引き続きアルテス新刊の下準備をぼちぼちと進める。
●夕食に大根をおろしたら、指にピリピリとした痛みが出はじめ、1時間ほど続く。初めての経験で原因がわからず不安だったけれど、ネットで検索したら似たような事例がちらほら。アレルギーではなく、辛味成分による刺激だったよう。

10/06
●火曜日。曇りがち。
●アルテス新刊のカバーカンプ作りをスタートする。
●CSで「ビリーブ 未来への大逆転」を観る。最近亡くなったルース・ベイダー・ギンズバーグの伝記映画。70年代の性差別裁判勝訴がクライマックスになっているけれど、50年たった今でも日本の状況はあまり変わっていない気がする。

10/07
●水曜日。曇りのち雨。寒くなり、半袖から長袖を通り越してカーディガン着用。
●引き続きアルテス新刊のカンプ作りをもくもくと。

10/08
●木曜日。雨の一日。肌寒い。
●引き続きアルテス新刊のカンプ作り。いったん3案仕上げチェックに出す。

10/09
●金曜日。今日も雨。
●アルテス新刊のカンプの修正作業をもくもくと。
●カバーデザインをしたレコード・コレクターズ増刊「ラヴ ジョン・レノン」が届く。今日はジョン・レノンの誕生日で、母親と同い年だったということを知る。

10/10
●土曜日。雨。かつての体育の日。
●もらい物のすき焼き用牛肉が少し残っていたので、安い赤身肉を買い足して焼き肉をする。上等な霜降りは胃もたれしてしまうので、赤身肉がちょうど良かった。
●Netflix「コブラ会」シーズン2を見終える。一難去ってまた一難。年明けの新作が待ち遠しい。

10/11
●日曜日。曇り一時小雨。
●Netflixで観た「レディ・バード」がとても良かった。「ゴーストワールド」の系譜にある、文化系青春コメディ。この手の映画は身につまされていたたまれなくなることが多々あるけれど、テンポ良く進むのであまり気にならず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。